LA VIE EN ROSE in der Schweiz

スイスの田舎在住のMikiと申します。 スイス人の夫と楽しむ毎夕食の記録・・・という地味なブログです。 毎日こんな景色を眺めて暮らしております。 過去記事から旅行記をピックアップして、新たに「旅行記」としてアップしていく予定です。

前回のルガーノ(Lugano)の続きです。

2022年11月。
翌日はホテルの朝食(美味でした!)を堪能して、
雨の中バスで隣村のGandria(ガンドリア)へ。

2022_11_16_1

ルガーノでバスを待っている間に一枚。
ここは郵便局の本局。

2022_11_16_2

雨の街中も、なかなか良いものです。

2022_11_16_3

そして小さめのバスでガンドリアへ。
乗客は私たちのみで、バスの運転手さんはラジオを聴いて鼻歌混じり(笑)
20分ほどで到着しました。
この村には平地が無く、絶壁に建物がひしめき、通路はほぼ全て階段という・・・。
日本から持って来たスイスのガイドブックに載っていて、
一度訪れてみたいと思っていた場所なのです。

2022_11_16_4

雨で傘を差しながらの散歩の上、雨で階段が滑るので歩くのも大変(笑)
お写真はほとんど無いのですが、私の好物「公道の上の建物」はしっかりパチリ!
自分が暮らす部屋の下を日常的に人が通るって、不思議な感覚じゃありませんか?
それがたぶん私が「公道の上の建物」が好きな理由かも(笑)

2022_11_16_5

この村で暮らすには健脚でないとダメだと思いました。
体重オーバーしていたらすぐに膝に来そうだし・・・(笑)
それにパートナーのように少々大きめの足のサイズの人にも大変かと。
階段に靴の全長が収まらなかったようで、特に濡れた下り階段は怖かったそうです(笑)

2022_11_16_6

湖畔まで階段を下りてきました。

2022_11_16_7

お天気のせいもありましたが、パートナーも私も歩き回る気力がなく、
どうしようかと思っていたところ、「船があるんじゃない!?」と気付いたのです。
ルガーノまでのバスの時間まではまだ2時間くらいありましたから(笑)
晴れていたら、1時間ほどかけてルガーノまで歩く予定でした。
急いで遊覧船の船着場を探して行ったところ、数分で到着することが分かり迷わず乗船!
滞在時間はなんと15分でした(笑)
でも、船に乗れて良かった!!

2022_11_16_8

ルガーノに戻って、散歩に出掛けました。
ホテルのすぐ前から出ている坂を上がります。

2022_11_16_9

向かった先はCattedrale di San Lorenzo(聖ロレンツォ大聖堂)。
どこの街や村でも、教会は一番良い場所に建っています(笑)

2022_11_16_10

ファサードは1500~1507年に建てられたもので、早期イタリア・ルネッサンス様式。
内部は見学しませんでしたが、フレスコ画やバロック様式の内装が見られるとか。

2022_11_16_11

お腹も空いたので、ランチを摂ることにしました。
おそらくスパゲッティが美味しいお店だとは思うのですが、
昼は軽めに摂りたかったので、前日に続いてこの日もサラダ(笑)
そしてこのリストランテで驚いたことが・・・!
私は外が見える場所に座っていたのですが、リストランテに入ろうか迷っている人の中に、
知り合いらしき人がいる・・・?
と思っていたら、店に入って来られ・・・同じ村に住む知り合いでした!!
まさか旅先で村の人に会うとは!!
とは言え、スイスあるあるです(笑)

2022_11_16_12

午後は少し散歩。
夕食はホテル内にあるレストランで頂きました。
キッチンからのおつまみ。
湯葉のような感じでした。

2022_11_16_13

中身はかぼちゃのペースト。

2022_11_16_14

メインは、パートナーも私も魚をチョイス。
これが絶品でした!

2022_11_16_15

付け合せはじゃがいもで、これも美味しくて、魚のソースと一緒に頂くと美味でした。
サービスはもちろん良く、ミシュランの星付き。

2022_11_16_16

翌朝、また美味しい朝食を頂きました。
何が美味しかったかと言うと、たくさんの種類のオープンサンドイッチ、
ソテーしたズッキーニやマッシュルームなど、温かい料理がたくさん。
このホテルには大満足です!
チェックアウトして向かった先は、隣国イタリアのLuino(ルイノ)。
マーケットが名物だからと、見学がてら行ってきました。
ここは湖畔の教会。

2022_11_16_17

人が多すぎて、残念ながらマーケットのお写真はありません。
美味しいペスト(バジルペースト)が買えるかと期待して行ったのですが、
出店は洋服、靴、小物、アクセサリーなどで、
食料品店は魚屋さんと八百屋さんだけでした(笑)
でも、あれこれ見て楽しい時間でした。
駐車場までの木々の色づきが素敵でした。

2022_11_16_18

ここからの帰宅途中、「あわやガス欠か!?」という事態を経験することに(笑)
その後は、もう少しのところで道路の交通止に遭遇して大回りしましたが、
何事もなくて本当に良かったです。
旅のお話は一旦ここで終了です。
・・・ネタ切れです(笑)
また旅をしたらご紹介させてください。
この記事が公開される頃、私は機上の人となって日本に向かっています。
しばらくブログをお休みしますが、再開後には、またどうぞよろしくお願いいたします。

次の旅はまたいずれ・・・。


いつもお読みくださり、本当にありがとうございます。
ランキングに参加させて頂いております。
お気に召したら、クリックして応援して頂けると幸いです。

今日のごはん。

今日は曇りがちのスイス我が村地方。
あれこれやることがあったので、To Doリストを見ながら用をこなしました(笑)
夕方、パートナーと一緒に近所のワインバーへ食前酒を飲みに。
オーナーさんのお兄様の犬にも癒されましたー!
でも、今日はちょっとご機嫌斜めでしたけれども(笑)
夕食は今日も手抜きでございます。

メイン:
チリコンカルネ。
長粒種ライス+キヌア+ブルグルと一緒に頂きます。

2022_11_15_1


普段はトマト缶を使ってしっかりじっくり煮込みますが、今日は時短(笑)
パスタ用に買い置きしてあるBarilla(バリラ)のアラビアータソースを・・・。
玉ねぎ、ポロねぎをガーリックパウダーと一緒に炒めたところへ、
キドニービーンズをひと缶、そしてアラビアータソースをひと瓶・・・(笑)
パプリカパウダーなどなど、あれこれ追加して適当に味付けして15分ほど煮込みました。
その間に、緑のパプリカを切って入れたり・・・もう本当に適当三昧!

2022_11_15_2

でも、結果、とても美味しく出来て好評だったのが何よりでした(笑)
ワインバーには常連さんたちがたくさんいらっしゃいました。
気軽にお喋り出来る方とあれこれお話するのも楽しい時間。
以前は「何を訊かれてもきちんと答えなくては」と思って、
ものすごく集中して皆さんのお話を伺っていました。
今日、帰宅してパートナーから「今日は全部スイスドイツ語分かったんだね!」
と言われましたが、返事は「あー、うん、まぁまぁ」(笑)
語弊がありますが、飲みの席では皆さん、真剣な話をされる訳ではないので、
80%くらい分かったら儲けもの、くらいのスタンスで臨むことにしています(笑)
いつも真剣勝負、100%で臨むことができたら、それはそれで素敵ですが、
私の場合は疲れて嫌になるので、「適当」を心掛けています。
もちろん性格によりますよね(笑)
何はともあれ、適当ごはんも美味しく頂けたのが嬉しいです!

今日も美味しく、そして有難く頂きました。

ごちそうさまでした!


いつもお読みくださり、本当にありがとうございます。
ランキングに参加させて頂いております。
お気に召したら、クリックして応援して頂けると幸いです。

今日のごはん。

今日は朝から厚い雲が立ち込めるスイス我が村地方。
雲が切れたところで目にしたのは、対岸の2,000メートル以上の山の雪景色。
冬が近づいて来た・・・そんな気がします(笑)
用事を済ませて、夕方、パートナーがホテルでの食前酒に誘ってくれました。
帰宅して大急ぎで夕食の支度です。

メイン:
茄子と牛肉のロール巻きフライと、ニジマスのフライ。
添えたのは、コチュジャンなどで味付けしたリングイネ。
なんだかひどいお写真ですが・・・恥を忍んで載せます(笑)

2022_11_14_1

どちらも多めのオリーブオイルでの揚げ焼きなので、
表面の火の通りは若干まばらですが、良いのです(笑)
おうちごはんなので気にしません。

2022_11_14_2

それに、ちょっと目を離した隙に色づきすぎました。
写真で見るほどには焦げていないので大丈夫(笑)
彩はイマイチだし、野菜不足。
でも、今日は出先でサラダランチを摂ったので良しとします(笑)

2022_11_14_3

毎日納得の行くように出来たら、それは素敵だと思いますが、
そんなことをしていたら疲れてしまいますよね。
「生活」なのですから(笑)
そんなことを考えていたら、私がホテルやレストランに期待していることが分かりました。
私はいつも、ちょっとした「非日常」を彼らに期待しているようです。
だから、ホテルなどでは日常と違う時間を楽しみたい、
なのにサービスに問題があると、その時間と期待を裏切られたようになる、
そう考えていることが自分でも理解できました(笑)
何はともあれ、見た目はイマイチでも夕食が美味しかったので良しとします(笑)

今日も美味しく、そして有難く頂きました。

ごちそうさまでした!


いつもお読みくださり、本当にありがとうございます。
ランキングに参加させて頂いております。
お気に召したら、クリックして応援して頂けると幸いです。

今日のごはん。

今日は曇りがちですが、ところどころで「天使の階段」が見えたスイス我が村地方。
午前3時前に目が覚めてから一向に眠れず、とうとう4時過ぎに起き出して、
ゲストルームを片付けたりして、もう一度寝室に戻ったのは午前6時過ぎ。
気持ち良く眠りに落ち、次に気付いた時は既に9時!
得をしたような損をしたような日曜日の朝でした(笑)
夕食は軽めにおつまみごはんです。

◆ さつまいものスープ
◆ キッシュ
◆ スタッフドマッシュルーム
◆ フレンチフライ&フライド大根
◆ ローストビーフの野菜巻き、わさびマヨネーズ添え
◆ タコのトマトマリネ(缶詰)
◆ スモークサーモン

2022_11_13_1

スタッフドマッシュルームには、パン粉、ガーリックパウダー、クリームチーズを。
キッシュは先日作ったランチの残り物(笑)
ローストビーフで巻いたのは、人参、セロリ、きゅうり。
好きなだけ取って頂きます!

2022_11_13_2

便宜上、「さつまいも」と訳していますが、ドイツ語ではSüsskartoffelと言います。
カタカナにするのは難しいのですが、ズュースカルトッフェル・・・でしょうか(笑)
süss(ズュース)は「甘い」、Kartoffel(カルトッフェル)は「じゃがいも」の意。
先日調理したバターナッツかぼちゃより甘みが強かったです。

2022_11_13_3

確たるメインのない食事でしたが、満足満足!
パートナーは何故か私のフレンチフライが好きなので、90%は彼のお腹に(笑)
私はもっぱらフライド大根を頂きました。
これも美味しい!
冷蔵庫の中身と相談しての適当ごはんでした(笑)
実はあと数日で旅に出るので、今はとにかく冷蔵庫の中身を整理するような食事ばかり。
日曜日はたいてい泳ぎに行きますが、万が一のことを考えて、今日は止めました。
先週は室温も水温もかなり低くて、本当に寒く、風邪を引くかと思ったので。
全ては健康体で旅に出る為(笑)
念には念を入れて、弱い喉を保護する為に家の中でもショールを巻いたり、
Ricola(リコラ)というスイスののど飴を舐めたり(笑)
睡眠リズムが狂ってはいますが、何はともあれ、食欲があるのは良いことです!

今日も美味しく、そして有難く頂きました。

ごちそうさまでした!


いつもお読みくださり、本当にありがとうございます。
ランキングに参加させて頂いております。
お気に召したら、クリックして応援して頂けると幸いです。



本日のおまけ。
土曜日の夕方、ピアノを練習していて、ふと顔を上げたら空がこの色でした。
ちなみに、写っている建物はホテルで、金曜日はここでパーティでした。
ガレージを抜けてから徒歩30秒です(笑)

2022_11_13_4

今日のごはん。

昨日は地元のサッカークラブの記念パーティにお呼ばれしたので、
食事ブログはお休みしました。
日頃ユニフォーム姿しか見たことのない選手たちも、スーツやシャツにネクタイ着用と、
とても素敵なギャップが新鮮でした(笑)
今日はパートナーが夕食に40分しか取れないというので、簡単に食べられる物です。

メイン:
鶏モモ肉のトマト煮。
フジッリ・ブカティ・コルティと一緒に頂きます。
ロングパスタの方がソースが絡みますが、ここは食べやすさ優先で(笑)
鶏モモ肉はスプーンでも切れるほど柔らかです。

2022_11_12_1

じゃがいもを入れましたが、お供(パスタ)も炭水化物。
たまには良いのです(笑)
先日、鶏モモ肉を解凍した際に、かなりの量だったので、半分は当日頂き、
残り半分は鶏ムネ肉も少しだけ足してトマト煮にしておいたのです。
だから今日は新たにじゃがいもとソテーした茄子を入れて煮ただけ(笑)

2022_11_12_2

ところで、昨日のパーティは近所のホテルでの開催でしたが、
100名以上の参加で、最初のアペロ(食前酒)会場は混み混み・・・。
でも、私の周りには人はおらず(笑)、楽しめました。
と言うのも、パートナーは取材があり、カメラ片手に会場をあちこち歩いている間、
あまり知り合いのいない私は独りぼっちだったから(笑)
でも、人間観察したり、生演奏を聴いたり、それも楽しい時間でした。
食事は場所を変えて着席で。
まずはサラダ。
照明の加減で色が若干変ですが・・・。
レタス類と干し肉(Trockenfleischを直訳/笑)、ドレッシングはナッツでした。

2022_11_12_3

メインは仔牛肉のコニャックソース、ポテトグラタンと冬の野菜添え。
仔牛肉は素晴らしく美味しかったのですが、コニャックソースはかなり甘めで、
そしてなぜか塩がきつめ(私にとっては)でした。
でも美味しく頂きました。

2022_11_12_4

着席の夕食の合間に記念式典のようなものがあり、
「別室でデザートを」と言われた時には既に午後11時。
パートナーも私もデザートを食べないのですが、とりあえず別室に行って、
帰りの心配がない(我が家から徒歩30秒ほどのホテルが会場)、
心置きなく再度ワインを頂きました(笑)
帰宅したのは午前0時過ぎ。
寝付けそうになかったので、眠る前にゆったりとした気分で興奮を鎮めました(笑)
パーティが久しぶりだったこともあって、人の多さや、パーティの長さに疲れが・・・。
でも、見知らぬ方とお話して、日本のファンだと分かったり、
人間観察も出来たり、私の大好きな選手のスーツ姿も見られたり、
なかなか楽しいパーティでした。
普段は髭もじゃの最年長の選手の彼は、プレーぶりが素晴らしく、私は長年のファンです。
今日になって「彼と一緒に写真を撮ってもらえば良かった!」と後悔(笑)
いつかファンであることをカミングアウトしようと思います。
いや、おばさんにそう言われても迷惑かな(笑)
社交性が問われる場所で、いかに振る舞うかも良い勉強。
今日はまだ疲れが残っていましたが、食事が美味しかったのは何よりです(自画自賛!笑)

今日も美味しく、そして有難く頂きました。

ごちそうさまでした!


いつもお読みくださり、本当にありがとうございます。
ランキングに参加させて頂いております。
お気に召したら、クリックして応援して頂けると幸いです。

今年初めから、食事の記事を書かない日(イコール旅行や外食の日)は、
これまでに旅した場所(主にスイス国内)をご紹介しようと始めた旅行記。
先日、手持ちのネタのほぼ全てをご紹介し終わり、一旦旅行記はお休みなのですが・・・。
また小旅行に出掛けたので、その時のことを少々ご紹介させて頂きます。
お付き合い頂けると幸いです。

2022年11月。
旅先はLugano(ルガーノ)。
スイスのイタリア語圏であるTicino(ティチーノ)/Tessin(テッシン)州。
ルガーノ湖の畔にある町です。
Monte San Salvatore(サン・サルバトーレ山)。

2022_11_11_1

こちらの建物には"Banca della Svizzera Italiana"の文字が。
おそらくバンカ・デッラ・スヴィッツェラ・イタリアーナと発音するかと・・・(笑)
1873年に設立されたティチーノ州で最も古い銀行なのだそうです。
今でもこの場所が銀行として使われているかは不明です(笑)

2022_11_11_2

遅めの昼食は鶏ムネ肉ソテー入りのシーザーサラダ。
昼食ですが、お休みということもあり、プロセッコをお供に(笑)

2022_11_11_3

また散策に出掛けます。
同じスイス国内なのに、雰囲気が別物!
小道も風情があるんですよね。

2022_11_11_4

Sant'Antonio Abate(サン・アントニオ・アバーテ/聖アントニオ教会)。

2022_11_11_5

前回(2017年7月)はパートナーの仕事で行ったこともあり、
旧市街から離れたホテルに滞在しました。
今回は旧市街に素敵なホテルを見つけたので、そちらをチョイス。
私の大好物、公道の上に建物(笑)

2022_11_11_6

このホテルのコンセプトが"We like you"。
多くの従業員の方々は若く、そしていつも笑顔。
どの職務に就いている方も、ゲストを見かけたらすぐに、
満面の笑みで"Buon giorno!"、"Buona sera!"と声を掛けてくれました。
本当に気持ちの良いサービスで、これからも機会があったら利用したいし、
ルガーノに行く方にお勧めしたいです。
ここはロビーで、飲み物を楽しめる場所。

2022_11_11_7

ロビーの天井からは本物のグリーンが下がっていました!
気持ちの良い空間で、そりゃあお酒も進みます(笑)
この日は近所のリストランテで、美味しいトロフィエ・アル・ペストを頂きました。
部屋に戻る前にここで1杯・・・いや、もうちょっと飲みました。
確か夕食よりも、ここでサインした勘定書きの方が額が多かった気が・・・(笑)

2022_11_11_8

部屋は充分な広さ。
旧市街なので窓からの眺望はありませんが、車輛進入禁止区域なので、
夜は本当に静かでした。

2022_11_11_9

ナイトテーブルの電話が可愛い(笑)

2022_11_11_10

田舎住まいにはルガーノは街で(笑)、人も多いし、賑やか。
そして老若男女問わず、皆さんオシャレ!
テラス席に座って食前酒を飲みながら道行く人を眺めるのも楽しいひととき。
ドイツ語圏には無い街の雰囲気、人の雰囲気を楽しめた良い旅でした。
今でも不思議なのは、スイスという同じ国内なのに、会話は英語になること(笑)
もちろんホテルの方々はドイツ語も話され、パートナーも少々イタリア語が出来ますが、
普通のお店の方々とは英語でのコミュニケーション。
日本国内なら日本語で大丈夫なのにと、イタリア語圏やフランス語圏に行く度に思います。
そして特筆すべきは、ホテルでの滞在。
こんなに気持ち良く過ごせたホテルは、ペニンシュラやリッツ・カールトン以来かも(笑)
翌日はまた別の場所に出掛けました。

続きはまたいずれ・・・。


いつもお読みくださり、本当にありがとうございます。
ランキングに参加させて頂いております。
お気に召したら、クリックして応援して頂けると幸いです。

今日のごはん。

今日は晴れて気持ちの良いスイス我が村地方。
気温も上がり、日中は窓を開けていても寒くないほどの陽気でした。
パートナーは数日前からあるサイトのエクササイズ・チャレンジをしているそうで、
今日のお題は「30分の散歩」。
結局は45分くらいの散歩になりましたが、身体を動かすのは気持ちが良いですね。
今日は休肝日で、なおかつ夕食が遅めの時間だったので、少々軽めにしました。

◆ 青椒肉絲
◆ イカとセロリの中華あん
◆ 炊き込みごはん

2022_11_10_1

青椒肉絲には豚肩ロース肉を使いました。
緑のパプリカ、筍の水煮を入れました。
赤や黄色のパプリカが入ると見た目も良いですが、
黄色のパプリカをランチに使ってしまったので仕方ありません(笑)
セロリは炒めても美味しい野菜ですよね。

2022_11_10_2

炊き込みごはんにはマッシュルーム、すりおろした人参、生姜をたっぷり。
味付けはお吸い物の素(笑)
一合くらい(我が家はコーヒーカップで計量しています/笑)に一袋。
野菜なども入れるので、少し薄味ですが、美味しい炊き込みごはんになります。

2022_11_10_3

ちなみに今日のランチはキッシュ。
家にあるもので作ったので、中身はベーコン、人参、ズッキーニ、マッシュルーム。
キッシュはパートナーの大好物なので、彼はランチにキッシュを、
私はざるそばをランチに食べました(笑)

2022_11_10_4

今日の夕食は色味は地味でも、なんだかとても美味しく感じました。
手前味噌ですみません(笑)
ところで、11月はパートナーの仕事が忙しくない時期ということもあって、
私も気が緩んでいるのか、今日は朝寝坊をしてしまいました(笑)
昨夜は日付が変わる頃に就寝したはずなのに、結局起きたのはなんと9時!
実は昨日のピアノレッスンの後、ピアノの先生とご一緒してワインバーへ行き、
先生から彼女の身の回りに起こったことを聞いてビックリ仰天!!
そんなこともあって、なんとなく頭も疲れていたのかもしれません(笑)
詳しく書くのは憚られますが、先生が私たちを信頼して話してくださったことは、
私たちも嬉しかったし、彼女にとっても気が楽になったと仰っていました。
人生、何があるか分からないものですね。
明日は早起きできるよう、今日は早めに休みたいと思います(笑)

今日も美味しく、そして有難く頂きました。

ごちそうさまでした!

いつもお読みくださり、本当にありがとうございます。
ランキングに参加させて頂いております。
お気に召したら、クリックして応援して頂けると幸いです。



本日のおまけ。
近所の牧草地で寛ぐ白鳥の夫婦。
白鳥は夫婦間の絆が強い鳥だそうで、相手を変えることもないようです。
仲良きことは美しき哉、を地で行っていますね(笑)

2022_11_10_5

↑このページのトップヘ